中盤

まもなくEC療法が終わります。
抗がん剤で、ありとあらゆる副作用を身をもって体験しました。
限られた制吐剤(アプレピタント(イメンドカプセル)、デキサメタゾン(デカドロン)、ラモセトロン塩酸塩(ナゼアOD))だけでは十分な効果が得られず、11月5日(火)、付き合いの長いかかりつけ医に事情を説明したところ、薬剤:六君子湯(リックンシトウ)という漢方が処方されました。
4クールにもかかわらず、いまだに月経が止まりません。
エストロゲンの過剰分泌に原因があるのでしょうか。

EC療法による副作用の苦痛度ランキング5
1位 嘔吐
2位 吐き気
3位 食欲不振
4位 頭痛
5位 関節・筋肉痛
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です