肢体不自由

私が受け入れがたい現実に直面した障害「肢体(上肢・下肢・体幹)不自由」とは、病気や不慮の事故によるケガで立ち上がり、起き上がり、座る(腰かける)、歩行、寝返り、入浴、食事(咀嚼・嚥下)、着替え、文字を書く、荷物の上げ下ろし・持ち運び等、ごく当たり前の日常生活の動作を行うことに困難が生じる状態をいいます。

0