乳がん

私の抱えている病「乳がん」とは、がん細胞が母乳を作り出す小葉や乳頭まで乳汁を運び乳管内でとどまっている「非浸潤がん」、上皮細胞を包む基底膜を突き破り、リンパ管や血管を通して全身(肺・肝臓・骨・脳)に広がる「浸潤がん」が存在し、時には命を脅かすこともある深刻な疾病です。

見誤られる病気
乳腺炎、乳腺症、乳腺線維腺腫
現れる症状
痛み、しこり、乳頭のただれ・分泌物、熱感、腫れ、皮膚のくぼみ・発赤、むくみ
疾病を扱う診療科
乳腺外科(乳腺・内分泌外科)

 

乳がんの病期(ステージ)
病期0 非浸潤がん
病期Ⅰ しこりの大きさが2cm以下で、リンパ節に転移がない。
病期Ⅱ しこりの大きさが2.1~5cmで、わきの下のリンパ節に転移がない。
しこりの大きさが2cm以下で、わきの下のリンパ節に転移があるもの。
しこりが5.1cm以上で、わきの下のリンパ節に転移がない。
しこりの大きさが2.1~5cmで、わきの下のリンパ節に転移があるもの。
病期Ⅲ しこりの大きさが5.1cm以上で、わきの下のリンパ節に転移があるもの。
しこりの大きさにかかわらず、わきの下のリンパ節に転移があるあるもの。
しこりの大きさにかかわらず、わきの下のリンパ節に転移はないが、胸骨のリンパ節に転移があるもの。
しこりの大きさにかかわらず、病変が皮膚から突出、または胸壁まで及んでいるもの。
しこりの大きさにかかわらず、わきの下と胸骨のリンパ節に転移があるもの。
鎖骨にあるリンパ節に転移があるもの。
病期Ⅳ しこりの大きさにかかわらず、他臓器(肺・肝臓・骨・脳)に転移があるもの。
0

変形性関節症(二次性関節症)

私の抱えている病「変形性関節症(二次性関節症)」とは、炎症性(関節リウマチ、化膿性関節炎)、外傷性(骨折、靱帯・半月板損傷)、先天性・後天性(先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全、ペルテス病、特発性大腿骨頭壊死症、関節唇損傷、滑膜性骨軟骨腫症)、内分泌・代謝性(痛風、結晶誘発性関節炎)などにより、骨および関節軟骨の変性、摩耗、破壊、増殖をきたし、疼痛や可動域制限や歩行障害を伴う進行性の非炎症性疾患です。

見誤られる病気
現れる症状
関節の痛み・腫れ、不眠症、水(関節液)がたまる
疾病を扱う診療科
整形外科、麻酔科(ペインクリニック)
0

肢体不自由

私が受け入れがたい現実に直面した障害「肢体(上肢・下肢・体幹)不自由」とは、病気や不慮の事故によるケガで立ち上がり、起き上がり、座る(腰かける)、歩行、寝返り、入浴、食事(咀嚼・嚥下)、着替え、文字を書く、荷物の上げ下ろし・持ち運び等、ごく当たり前の日常生活の動作を行うことに困難が生じる状態をいいます。

0

甲状腺機能低下症

私の抱えている病「甲状腺機能低下症」とは、甲状腺を異物として捉え作り出された物質(抗サイログロブリン抗体・抗甲状腺マイクロゾーム抗体)が甲状腺の細胞そのものを破壊し、器官の働きが衰え深刻な不調を招く病気です。

見誤られる病気
うつ病、自律神経失調症
現れる症状
かすれ声(嗄声)、過度の眠気、食欲不振、体重増加、脱毛、低体温、口腔・皮膚の乾燥、便秘、無気力感、むくみ
疾病を扱う診療科
内分泌・代謝内科
0

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

私の抱えている病「バセドウ病(甲状腺機能亢進症)」とは、甲状腺を異物とみなして作られた物質(TSHレセプター抗体)が甲状腺を刺激し続けることにより甲状腺ホルモンが過度に分泌され、新陳代謝が異常に高まる病気です。

見誤られる病気
風邪、過敏性腸症候群、自律神経失調症、尋常性白斑(白なまず)、躁うつ病
現れる症状
眼球突出、首の腫れ、下痢、倦怠感、手指のふるえ、食欲旺盛、体重減少、多汗、白斑、微熱
疾病を扱う診療科
内分泌・代謝内科
0

掌蹠膿疱症性骨関節炎(SAPHO症候群)

私の抱えている病「掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)」とは、掌蹠膿疱症に加えカルシウムが骨や筋膜に沈着し石灰化・関節の癒着などをもたらす病気です。胸鎖関節(胸骨・鎖骨)、肋骨、仙腸関節(骨盤)に炎症が起こり、耐え難い痛みを伴います。ごくまれに脊椎、膝関節、大腿骨、下顎骨までに及ぶ恐ろしい病です。

見誤られる病気
うつ病、風邪、頸肩腕症候群、自律神経失調症
現れる症状
逆流性食道炎(胃食道逆流症)、極度の消耗感、下痢、こわばり、睡眠障害、全身疼痛、便秘、むくみ
疾病を扱う診療科
整形外科、リウマチ科
0

掌蹠膿疱症

私の抱えている病「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」とは、手のひらや足底など広範囲にわたり、紅斑、丘疹、無菌性の水疱・膿疱がたくさんできるかゆみを伴った難治性疾患です。

見誤られる病気
汗疱状湿疹(異汗性湿疹)、白癬
現れる症状
赤い斑点、膿、かゆみ、口内炎、ぶつぶつ、水ぶくれ
疾病を扱う診療科
皮膚科
0